×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


短編小説っぽいもの

〜あたしゃ天使じゃないけどさ。〜 --  本編
 『あたしゃ天使じゃないけどさ。』



うぃっす。
・・・日記の書き出しって挨拶いるのかな?
まーいいや。
これはあたしの初日記ってやつだ。
うん、何事も初ってのはういういしくていいやね。
ほら、あたしゃMUの中に住んでるようなもんだからさ。
ヒマなわけよ。
で、有意義に前向きに生きるべく時間の使い道を考えてさ、日記でも書いてみようかと思ったわけ。
ムラサキシキブとか、ああいう感じ?
あー、でも古典はイヤだな。
知ってる?
桃太郎のお婆さんって、御伽草紙によると40歳なんだってさ。
うは、ありえねー!
女ってもんをバカにしてるよね。
まー、当時は四十で男もジイサマだったのかもしんないけど。
脱線脱線。
ごめん、まだ慣れてないからさ。
面倒臭い女とか言わずに付き合ってくれたまえよ、男性諸君。
初だからさ、初。

あたしゃ天使じゃないけどさ、サガっていうのかねぇ・・・
妙にヘタレな連中と縁がある。
あたしのほうもほっとけなくてね、仕方なく付き合ってやるわけよ。
で、あたしが知ってる中でも超弩級にへっぽこヘタレEEに出会っちゃってさ。
出会っちゃったのが運の尽き。
仕方ないやね。
しばらくは付き合って・・・おー、きたきた。
あ、コケた。
泣くな泣くな、って泣いてねーのか。
顔面から地面に突っ込んで何が楽しいんだ、おめーは。
ヘンとこでタフだね。
紹介するよ。
この脳天気に笑ってんのがさっき話したへっぽこヘタレEE。
名前は・・・なんだっけ?
まーいいや、へっぽこで。
ヘコむなヘコむな。
そんなことより狩りでも行くか!
へ?
変化指輪でノリア・デビアス間の行進ツアーがいい?
またか。
いや、お前さんが楽しいならいいけどさ。
街の外に出ないとLv上がんねーぞ?
バカ。
街の外っつったって、ロレじゃLv上がるわけないだろ。
羽生やしといて何言ってんだか、この子は。
まったく・・・Lvも上げないで何が楽しいんだかなぁ。
自分で分かってる?
それって逃げだよ、逃げ。
変化指輪で行進して、珍しがられてさ。
でも、それでかけられる声ってのは一時のもんじゃないさ。
それで一体感なんて、欲なさすぎ。
もっと勇気出して、野良PTとか行けって。
クエはいいぞー。
Lvも上がるし、BCは混も返ってくるしな。
お前も早く二次羽つけたいだろ?
な?
・・・いや、三次羽は無理だろ。
たしかにゴージャスだけど。
お前、ヘンなとこで野心でけーな。おい。
そのくせ恐がってPT募集とかダメなのな。
まったく・・・まー、いいや。
こいつ脳天気に笑ってるけど、あたしが出会った頃はすげー暗かったんだよな。
うじうじしてさ。
マイナス思考こそ我が信条かって勢い。
見てて痛々しかった。
変化指輪つけて行進してさ、通りすがりのPTとかに声かけられて笑ってるわけよ。
でも、その後は決まって羨ましそうに連中を見送ってんのな。
なんか無理して愛想笑いしてるように見えちゃってさ、見ててたまんねーわけよ。
昔イジメられててさ、でも友達作りたくて、そんでいつも無理に笑ってる。みたいな。
なんだよ、その作り笑い。
必死に笑顔作ってさ、死にものぐるいでぶらさがって生きようとしてんの。
ムカつくよな。
あたしゃ本気でぶっとばしてやろうかと思ったね、こいつも、こいつの人生も。
ま、あたしゃ天使じゃないから救ってなんかやんないけどさ。
でもまぁ、一緒に行進に付き合うくらいはしてやるよ。
あ。
でもな、ずっとこんなこと繰り返してちゃダメだぞ。
分かってんのか?
ブンブン頷きやがって・・・ほんとに分かってか不安になるな、おめーは。
んじゃ交換条件だ。
百歩譲って、自分から野良PTしなくていいわ。
最初はな。
最初だけだぞ?
そのかわり、向こうから声かけてきたら断んな。
いいか、ぜってーだ。
約束だぞ?
これ破ったら、あたしゃお前を見捨てっからな。
お前に声かけられても無視る。
本気だぞ?
あたしゃ無視には慣れてんだ。
いつも誰にも見えてないしな。
バァカ・・・あたしのことはいいんだよ、それより約束。
よし。
んじゃ、行くか!

ん?
なんだよ、ヒマか?
まーそうだよな、もうロレとか初期マップで遊んでる初心者なんていねーもんな。
誰にも出会わねぇんでやんの。
しょうがねぇ、タルカンでも行くか。
無課金だから歩きだけどな。
遠いけど大丈夫か?
・・・そりゃ確かに途中で誰か会いそうだけどな。
やっぱヘンなとこでタフだわ。
いやいや、こっちの話。
うし、あせらずにのんびり行くか。
今つけてる指輪の制限時間切れて壊れても、変化指輪の予備はたっぷりあるしな。
っつーか、変化指輪ドロップのときだけ異常にはりきって狩りしたんだな。
倉庫ID一杯に変化指輪ってキモい絵にあたしゃひいたぞ。
そのくせ毒ミノ指輪だけたかられて安く買われやがって。
ほんとバカなやつ。
バカ、ヘコむなよ。
今バカって言ったのは悪口っていうよりは・・・あぁもう。
ほんとバカだな、おめーは!
うがー、泣くなっ!
このバ・・・バ・・・へっぽこヘタレEEが!!
・・・。
へっぽこはいいのか。
分かんねーな、おめーは。
大体へっぽこって言われたらムカつくだろ、ふつー。
怒れよ。
お前、自分で言ってるほどエナ低かねぇぞ?
いやマジマジ。
低いのはむしろ背とか、胸の数値とか・・・お、ヘコんでるヘコんでる。
あ、怒った。
そこは怒るのか。
あぁ、分かってる分かってるって。
努力してんだろ、お前さんなりに。
牛乳がぶ飲みって、古典的だな・・・言っとくが、牛乳暴飲には気を付けろ。
ありゃ動物性脂肪が高いからな、脂肪を分解するのにカルシウム使うんだ。
で、カルシウムは骨を削って生成される。
そう、牛乳ってカルシウム高いけど、あれだけ飲むと逆に骨に悪いってこともありうる。
・・・らしーぞ。
まー、白米は健康にいいとか、栄養は取るほどいいって信じてた時代のツケだな。
日本人の痩せてるのに糖尿病とか、それが原因だろ。
よく知らんけど。
・・・ごめんごめん、また脱線した。
努力の話だろ、おぼえてるって。
毎晩あやしげな儀式までやってるもんな。
尺取り虫みたいな動きしながら・・・見てて、ちょっとキモいけど。
え、あれ美容体操だったのか。
いや・・・てっきり諦めて神頼みに走ったのかと。
全力で滝のように泣くなって。
努力は認めるよ。
うん。
でも・・・お前見てると、あれだな。
無駄な努力はないって言葉、あれウソだよな。
結果出ないとダメってことはあるんだと、しみじみ思ったわ。
世知辛いやね。
美は甲子園よりシビアだ。
くぅ、女の世界はハードだぜ。
あたしゃ、お前に妬まれていつ刺されるかドキドキしてるもん。
我ながら美って罪だよなー。

罪人ってのは罪滅ぼしってのをしなきゃいけない。
それが人間のルールらしい。
あたしゃよく知らないけど、でもま、ルールじゃ仕方ないよな。
なんかしてやりますかねぇ。
ヘタレへっぽこEEのためにさ。
あ。
言っとくけど、あたしゃ天使じゃないからね。
何度言ってもこいつはあたしのこと“天ちゃん”とか呼びやがるけど。
誰が“天ちゃん”だ。
あたしが“ちゃん”付けされるよーな可愛いタマか?
あたしゃ天使じゃなくて守護精霊だ。
そういやこいつ、あたしが他人に見えない仕様なの知らずにGEMで購入したんだよな。
コスのつもりだったらしーけど。
でも残念、MUは“後ろめたい利益をこっそりとご提供します”が仕様なんだな。
あいつ課金して○○してるぜー、ってのを守らなきゃって思ってるらしい。
売り上げを守るのに大切だと思ってんだろ。
MoEみたくコスで買う感性とかは想定にねーんだよな。
ガチャも課金もこっそり出来るように!
そんなに後ろめたいことか?
まーいいや。
一介の新実装ペットだかんね、そんなあたしが考えてもしゃーない。
んじゃま、罪滅ぼしにあたしに出来ることでもやっちゃおうかね。
女、汝の罪は美。
うはは。
よしよし、このへっぽこヘタレEEの露店をこうやって・・・うん、こんなもんか。
あ。
言っとくけど、これ守護精霊なら誰でも出来るワザってわけじゃあない。
あたしだからこそ会得し得た極意とでも思いたまえ、ふっふっふー。
ん?
いや、なんでもない、なんでもない。
おめーは気にすんなって。
何もやってないから。
ほんとほんと。
ほら、前見て歩かねーと通りすがり見落とすぞ?
・・・人見たら寄ってくくせに、なんで野良誘う勇気は出ないかね、こいつは。

お、かかった。
釣れたのはナイトとウィズと魔剣士・・・ほぅほぅ、悪くないじゃないか。
これでEEのこいつが入れば、PTの面子としちゃなかなかだ。
って、こら!
バ・・・ヘタレへっぽこ、逃げんな!!
猫のよーに首もと持ってやる、猫のよーに。
ジタバタすんな。
ほら、せっかくPTメンバに誘ってきたあいつらが戸惑ってるだろうが。
そう。
いや、間違いじゃねーって。
あいつらが、お前を、PTに誘ってきたの。
・・・なんで途方にくれるか。
あ、こっち見んな!
上見たら・・・ちっ、気づきやがったか。
どうだ、あたしの美しい筆跡。
露店に輝くPT募集の文句。
うーん、我ながら達筆にして名文句だ。
床の間に飾っておいてもいいぞ?
・・・パニくんな、パニくんな。
おいっ、こら!
聞けって!!
あたしと約束したよな。
向こうから誘ってきたらPT断わんねーって。
うっさい、言い訳すんな。
言っとくけど、あたしゃ約束破られんのキライだから。
すげーキライ。
泣くな!!
パニくんな!!
頷けっ、あいつらに!!
・・・。
よし、それでいい。
大丈夫だって。
露店にLvも書いといたから、無茶な狩り場にはいかねーだろ。
へっぽこEEっても書いたから、こいつらも覚悟してるはずだ。
うはは。
お。
覚悟決めたか。
よしよし・・・って、こら!
お前、何すんだ。
よせって!
じたばた。
あたしを荷物に押し込んでどうする気だっ。
は?
耐久が減ったら消えちゃう?
・・・。
・・・・・・。
バカか、お前はっ・・・!!!
狩り場で使わなきゃ意味ねーだろ、あたしらペットは!?
ダメージ吸収30%って読めねーのか、おいこら。
・・・な、泣きそうな顔で見んなよ。
あーこぼれる、こぼれる!
わぁったよ!
しゃーない、大人しくしまわれてやるよ。
まったく・・・こんな使い方されてる守護精霊なんて、あたしくらいじゃねーか?
守護の名が泣くぜ、ぶつぶつ。
あー待て待て。
おい、そこのナイト。
そーだ、おめーだ・・・って、こら話を聞けよ。
くそぅ、聞こえてねーのか。
まぁいいや。
言っとくけどな、あたしが見てないからってこの娘にヘンな気起こすんじゃねーぞ。
妙な真似したら血の雨降らすからな。
あと、ヘタレへっぽこ。
そう、おめーだ。
いいか、頑張ってこいよ。
土産話、楽しみにしてっからな。
あとな。
あのナイト、けっこーイイオトコだろ。
挙動不審なお前にも物怖じしてないし、気長そうだしな。
そこ大事、お前みたいなの相手には。
清水の舞台から飛び降りるつもりで張り切ってPTしてこい。
押し倒す勢いでな!
ほら。
あたしゃ天使じゃないからさ、お堅いこたぁ言わねーよ。
じゃあな。







←↓好印象を持って下さったら、是非♪(小説タイトルを記入して頂くと評価:☆に反映されます)